2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Virus 32
2007/03/28(Wed)
 北沢が「くれぐれも、よろしくお願いします」と一礼して部屋を出て行ったのを見計らって、中田は杏子に耳打ちをする。
「ずいぶん冷静なんですね?」
「北沢さん?」
「ええ」
資料をもう一度繰っていた杏子の手が止まる。その手を口元にもっていってポツリと洩らす。
「今更迷惑だったかな?」
「どういうことです?」
訊く中田に、含みのある表情で資料の一箇所を指し示した。
「美可は豪徳寺で一人暮らしだけど、北沢栄樹と、加奈子の住所。台東区、番地番号まで同じでしょ?わからない?」
「再婚ですか?」
「いや。加奈子の姓は旧姓の広瀬に戻ったままだし、役所には婚姻届は提出されていなかった。ふたりがどういった経緯で同居しているのかは知らないけど、もし栄二が見つかって、このことを知ったらハッピーエンドってわけにはいかないかもね。痛くもない腹を探られるのは不快でしょうし、痛かったら尚更触れられたくないでしょう?」
 杏子の言うことはもっともだが、中田は違和感を覚えた。ほじくられたくないなら、どうして国土に依頼してきたのか。
「でも、北沢氏はウチに依頼してきたんですよね?」
 そう言う中田の顔を杏子が覗き込むようにした。
「キミ、勘違いしてるよ」
 と、これは杏子。
「国土は民間の探偵社ではないからね。個人レベルの依頼は取り扱わない」
 これは大久保。
「杏子君は、例の皇太子暗殺未遂と織倉青年の失踪事件で追跡調査がしたかった。だが、警察庁の刑事さんでは調査に限界があるだろう?それどころか、事件に触れることすらできないだろうな。だからウチのスカウトにのった。残念ながら僕の魅力にクラッときたわけではないらしい」
 大久保は少しも残念そうなふりを見せず、むしろ、うれしそうに冷めたコーヒーを口にする。
「おじさんの魅力はどうでもいけど、そんなとこかな。でも、いくら国土でも突然直接介入はできないからね。だから、きっかけがほしかった。で、資料室でエルトリア絡みの事件を探していたら北沢栄二の失踪が過去にあった、と。彼には再調査の参考人としてお越しいただいた。そういうわけ」
 おわかり?と、中田の額を右の人差し指でつつく。
 どうやら毎日の資料整理も意味があったらしいと中田は理解した。
「ところで室長?」
杏子は資料を机に置いた。
「ん。確認をとっておこうか」
 大久保が頷く。
「警察機関とのリンクは?」
「基本的にはない。君たちの身分は隠蔽とする」
「報告に関して」
「先の言葉通り。日本時間の一三時に直接口頭で僕に。無理な場合、電話ないしメールでも可とする。現状ではこれでかまわないだろう」
「犯罪者への対処」
「現行法規に基づく」
「銃の携帯」
「護身用のみ認める」
「警察が介入した場合」
「身元は法務大臣が保証する」
 一通りの確認を終えると杏子は椅子の上で大きく伸びをする。
「これからが忙しいぞ。北沢氏の件で、エルトリアに直接いかなきゃって上を納得させないことには出張費でないし、捜査権も持てない。まずは下地づくり。めんどいなぁ」
そう言う彼女は、その言葉とは裏腹に水を得た魚のごとく溌剌としていた。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- はじめまして -
この小説、EVE burst errorのパロですか?
「身元は法務大臣が保証」云々のくだりなんて、まんまですよね(笑)
2008/08/19 17:44  | URL | NOCKE #SFo5/nok[ 編集] ▲ top
- >NOCKEさん -
★はっしーの世界へようこそ(o^-')b
コメントありがとうございます。
また、ずいぶん前の日付のコメントなので、
最初から読んでくださったのかな?と勝手に解釈して喜んでいます。
ご指摘どおりそこは「まんま」です。
商用ベースではないので、自分の好きなものをいくつか散らばらせてあります。
気づいた方は同じものを相当好きなのだと思うので、
気づいたらニヤリとしてくださればうれしいです。
もちろん万が一にも間違って商用になるときは該当箇所は前面改稿ですがw
EVE burst errorはサターン版で★はっしーが初めてプレイしたアドベンチャーです。思い入れは強いですね~。
ただ、小説自体はパロでもサイドストーリー的なものでもないので、筆が遅いですが展開に期待してくださいませ。
よろしかったらまた訪れてくださいm(_ _)m
2008/08/19 23:17  | URL | ★はっしー #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kobochan.blog83.fc2.com/tb.php/81-b53b089f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。