2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
小説
2007/02/26(Mon)
このブログに訪れてくださるゲストのみなさんは、
大なり小なり作家という職業に興味ある人が多いかと。
今回はその作家のお話。

自分はけっこうインスピレーションで本を選ぶほうですが、
一度読んだ作品が気に入れば、その作家さんの作品を全部読みたくなります。
ここ最近では有川浩さん。
出会いは一昨年。メディアワークスからでているハードカバー『海の底』。

学生時代、ワクワクしながら読んでいた本も、歳を重ねるごとにその高揚感が感じられなくなり、
「おもしろい!」と感じても、隣で冷静な自分が見ている。
そんなことが続いていたのですが、それを思いっきり払拭してくれた作品。
次!次!とページを繰っていきました。
次の展開が気になり、ラストが気になり、
はやく次のページが読みたい。読み飛ばして最後も見ちゃいたい!
見てはいけない!その一行一句に浸っていたい!
読み終わりたくない!まだ、この世界のなかにいたい!
それらの葛藤が快感に感じてしまう。そんな作品でした。
まだ読んでない人もおおいので詳しくは書きませんが、
作者も言ってますが、現代版15少年漂流記です。
閉塞された空間での人間模様が好きな方、ゼヒ読んでください。

で、なんで一昨年の話をしたかというと、つい先日『クジラの彼』という短編集が角川から出版されて、その『海の底』のスピンアウトがはいってたからです。久々にあの世界に浸かれました。
『空の中』『海の底』など読んでからの読書を推奨します。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kobochan.blog83.fc2.com/tb.php/64-c46cbf08

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。