2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Virus 90
2008/03/02(Sun)
 一日がたった。
 しかし、事態は納まるどころか悪いほうに進んでいた。
「これは、警視庁はてんやわんやの大騒ぎね」
 今日は水色のタンクトップにショートパンツというラフそのものの格好で出勤してきた杏子が、グラスに入った麦茶をかたむける。
中田をはじめ、スタッフ全員の前にも置かれているが、この酷暑の中、杏子が注いでくれたペットボトルの麦茶は、なぜかほどほどに冷たい。
「他人事ですね」
 言いながら、中田は額に冷えたグラスを押し当てた。久々の冷たさが実に心地よく、瞼を閉じた。実際、国土調査室はもとが内閣安全保障・危機管理室であったため、警察機構とは形式上独立した形になっているが、それでも中田には杏子のように割り切ることはできなかった。宮崎や柊警部の顔が浮かぶ。そういや、赤坂の見舞いにも最近行っていなかったな――と、そんなことも思った。
「そう、他人事でもなさそうですよ」
 その声に、全員が振り返る。
天崎が壁のまえに設置されているホワイトボードをノックしていた。ボードには東京都周辺の大地図が貼ってある。
「今回の停電ですが、僕なりに整理してみました。まず結果から言うと、これはコンピュータウイルスなんかじゃありません。DoS攻撃です」

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kobochan.blog83.fc2.com/tb.php/247-446ce5fc

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。