2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Virus 83
2008/01/13(Sun)
 午後二時を超えても、停電は復旧せず、白昼の太陽がコンクリートとアスファルトでできたメガロポリスを容赦なく炙った。クーラーは動かず、室温は三十五度。蛇口の水も熱い。
 ケイタイも基地局の停電からか、一時間前から通じなくなり、電池式のラジオだけが、外界からの情報を流していた。
 地下鉄、私鉄、JRの全線ストップ。道路の信号も消えて、酷暑のなか警官が手信号で誘導を行っているが、大混乱であるようだ。また、近所のATMから株式取引場まで、金融関係もコンピュータのダウンにより取引中止。コンビニや、スーパーなどでは商品が届かず、加えて、備蓄の生鮮食料品の腐敗も心配される、とのことだった。今日の売れ筋は即席麺とアルカリ電池だそうな。まだ強盗などの通報がないのは、日本の治安の良さか。ただ、原因は不明だが、港区のショッピングセンターで大規模な火災が起こっていると、報じていた。
「暑いですね」
 天崎が、手に持った団扇を眺めつつ、本日何度目かの台詞を漏らす。もう、あおいですらいない。
「暑いって言わないでくれる?」
 今日が大きく開け放たれた窓辺で、剣呑な視線をおくる。ネクタイをほどき、シャツの第二ボタンまではずした、あるいはTシャツ姿の男性陣がよほど気に入らないらしい。
「わたしが熱中症になったら、あんたらのせいだ」などと言っている。
 中田は、その呟きを横に、日本を潰すのは簡単なものなのだな、などと考えていた。
 空が憎たらしいほど、青い――。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/14 15:18  | | #[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは!
ただいま個人的にブログ応援活動してます。
応援ポチッ!
2008/01/14 18:42  | URL | スミサーズ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kobochan.blog83.fc2.com/tb.php/227-dd6c3991

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。