2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Virus 75
2007/11/11(Sun)
 映画は実話を元にした悲恋モノ。ふとした切っ掛けで知り合った主人公の女の子と、問題児の少年。少年は限られた人生だからこそ好きなことをするのだ、と勉強もそこそこにヴァイオリンばかりを弾いている。しかし、少年の言う『限られた人生』は文字通りの意味で、コンクール前日に発症する。
 左隣のカップルは、病院の無菌室の白が画面に現れただけでも声を詰まらせている。
宮崎もこういう映画は直球にツボで、ストーンヘンジに行くやつも二度、映画館に通った。だが、今はあの頃ほど夢中になれない、冷めた自分がいる。
そんな自分でも最近まで恋をしていた。同じ部署にいた先輩だったが、初夏に前管理官と一緒に転属してしまった。噂では何か大きな事件の責任をとらされた、ということになっているが、同僚である自分にも詳細わからず、異動先も知らされなかった。知っていたとしても、そこに押し掛けるだけのバイタリティが自分にあるようには思えないが。
 隣と言えば、右隣にはこういった映画は早すぎるような女の子だった。小学生高学年くらいだろうか。周りの大人がかまうところがないところをみると、どうも一人で観に来たらしい。
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kobochan.blog83.fc2.com/tb.php/198-e626f40b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。