2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Virus 8
2006/12/15(Fri)
 階段を登って、とりあえず中田はほっとした。アルタ前を見下ろす形の開放型のホールに女性の大群がいなかったからである。
 右手にテナントがふたつ。歯科とギャラリー。その少し奥まったところにその外国語教室はあった。
 木枠のドアの上半分には磨りガラスが入っていて、そこに金の洒落た字体でロゴとオフィス名があった。
曰く、E.R.I.S.外国語学院。
ドアの横の大きな窓にはブラインドがかかっていて、中の様子は見えないに等しい。かろうじて、ドアの磨りガラスに観葉植物の影が薄い緑に映っているだけである。
「ここ、ですか?」
 中田は杏子に確認をとった。
「みたいね。資料がニセモノじゃなければだけど。住み込みのバイトらしいわ」
 ドアを押すと、カランカランと軽やかなベルの音がした。
「いらっしゃいませぇ」
 テレビアニメを見ていた女の子がこちらに気がついて、ソファーから降り、てててて、と駆け寄ってきた。
「つぐみさん、どなたですか?」
 奥の部屋からだろうか、ずいぶんと間延びした女性の声がする。
 それに女の子が甲高い声をさらに張り上げて応えた。
「おじちゃんとねぇ、おばちゃーん。知らない人ぉ!」
 中田には横目でも上司の肩が痙攣しているのがわかった。
「それじゃわからないです。今、行きます」
 ドアから現れたのは、茶髪というより赤毛の、目鼻立ちのはっきりとした女性だった。
日本人でないことは一目瞭然である。その女性に憐れにも杏子の殺気が集中する。子供相手に怒鳴るわけにも行かず、その保護者に八つ当たりといったところか。しかし、当の彼女はその殺気に気付きもしない風だ。
「失礼しました。ご入会のかたですか?」
「ええと、ルロイさん?」
 上司にかわって中田が応えた。ルロイとは書類にあった、この外国語教室の所有者の名前だ。
「いいえ。あいにくと、塾長は席をはずしておりまして。ああ、私はジュニアの英語を担当しているキャサリン=マクドガル。キャシーでいいです」
「飯野杏子です。こっちは部下。今度輸出入のセクションに配属になりまして。こちらでは英語の他に、ロシア語、イタリア語なども教えていただけると伺ったのですが」
 差し出された右手に痙攣状態から脱した杏子が力強く応じる。色白の杏子の手の甲に青筋が浮いている。全く大人気ない、と部下は思ってしまう。
 と、眼線を戻した中田とキャシーの眼があった。
「そちらのダンディさんのお名前、聞かせていただけますか?」
「え?あ、中田です。中田義仁」
どぎまぎしながら中田は応えた。若い娘も苦手だが、自分が女であることを無意識あるいは意識的に主張する女性も、やはり苦手なのである。
 そんな受け応えにクスリと微笑って、キャシーは杏子に向き直った。
「先ほど申しましたとおり塾長は外出していまして。あと一時間ほどで戻るとは思うんですけど。実を申しますと、ご入会の手続きとか、料金プランとかは私ではわからないもので。それでもさしつかえなければ他のご説明だけでもいたしますが?」
 杏子は少し思案してから口を開いた。
「では、お願いします」
 織倉一季の警護はどうするのか、と思いもしたが、中田は杏子に従うことにした。
「こちらにお掛けになってお待ちください」
 キャシーは部屋の真ん中に設えてあるソファーに腰掛けるよう二人に促すと、自分は事務所らしい奥の一室に入り、一、二分ほどで数枚の色とりどりの印刷物を片手に戻ってきた。
「まずはこちらをご覧ください」
 ふたりの前に並べられた紙には、大きなロゴで『E.R.I.S.外国語学院』と書かれてあった。その下にEnglish、Russian、Italian、Spanishとある。
「つぐみさん、すみませんが」
 キャシーはテーブルの上にあったリモコンのひとつを操作した。下のビデオデッキが止まる音と同時に、映像が切り替わる。
「あ~~~!!」
 大声の抗議はつぐみだった。
 しかし、中田も杏子も違った理由で声をあげた。
 切り替わった映像。レポーターの背後に見えるのは、崩れたホールと、その向こうに止まっているジャンボジェット機の尾翼――成田だった。
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kobochan.blog83.fc2.com/tb.php/18-7d89a5a8

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。