2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秒速5センチメートル
2007/08/16(Thu)
秒速5センチメートル。
桜の花びらが散る速度なのだそうな。
今年の春、東京・渋谷のシネマライズなどで公開された作品です。

お盆休みの最終、DVDを借りてきました。
新海誠の『秒速5センチメートル』。
まず、映像美にやられました。
風景写真をデジタルペインティング加工して
背景としてつかっているということですが、
アニメーション美のひとつの到達点といえるでしょう。
内容は、1人の少年を軸に、
独立した3本の作品から構成される連作短編アニメ。
小学校の卒業と同時に離ればなれになったふたり。
恋心を抱きあっていた2人が、ある大雪の日、会いに行く。
その後の少年に恋する女の子の視点から描いた「コスモナウト」、
彼らの魂の彷徨(ほうこう)を切り取った表題作「秒速5センチメートル」

郷里に帰って、ふと昔の夢をみました。
いまでも忘れられない人がいます。
何度も思い出す後悔があります。
これからも大切にしていきたい思い出があります。
そんな想いが胸を掻き乱し、声にならない叫びで起きました。
自分のものであって、少し変わってしまった部屋。
蝉時雨。

だからでしょうか。この作品を手に取っていました。
遠くに引越しをしたことのある人。
遠くへ大切な人が奪われことのある人。
自分の想っている人が、
遠くの誰かを見ていることを知った苦しみを知っている人。
そんな方々には共感するところがあるのではないでしょうか。
そういう経験がなくても、なにか心の奥にくるものがあると思います。
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ

この記事のURL | 趣味のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kobochan.blog83.fc2.com/tb.php/164-38b60eae

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。