2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Virus 60
2007/07/29(Sun)
「それに写真の日付。道端の写真だけ別の日なのよ」
 言われて見ると、写真の右下にあるオレンジ色の日付が、湖の写真より一日前のものだとわかる。この写真は故意に、同封されたのだ。
「日付といえば、栄二さんがお母さんに竜骨石の資料を送ってくれ、と書いた手紙の消印の翌週ですね」
杏子が手帳のページを開けて、ペンを走らせる。
「ええ。そのとおりよ。ちゃんと調べているのね」
美可が、満足そうに頷いた。
「手紙には、石については何も書いてなかったけど、この二枚の写真こそが父のメッセージだと、私には思えるのよ」
 写真のコピーをフラッシュメモリに落としてもらって、今日のところは終了ということになった。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kobochan.blog83.fc2.com/tb.php/155-f08b81c5

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。