2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アドエア
2007/06/28(Thu)
八重洲は富士屋ホテルで喘息とアドエアの商品説明があったので、
参加してきました。
まだ、勤め先では処方はないのですが、
フルタイドとセレベントを併用されている患者さんは、
けっこういますからね。
新発売のアドエア。
つまりは↑のふたつの合剤ということなんですが、
併用の場合とちがって一日目から効果があるとか・・・。
(フルタイドなんかは1週間以上つかわないと効果の実感なし)
このふたつが相乗効果があることはわかっていたが、
結局人間の呼吸のタイミングと吸気量が毎回違うことで、
併用では思ったほど効果があらわれなかった。
合剤なら、一緒に吸うわけなので同一の部位に吸収されやすく、
相乗効果の期待がおおきくなる。
実際治験では、結果もでているとのこと。
当然一回の吸入ですむのでアドヒアランスも向上するでしょう。
日本はアメリカほど喘息患者がいないにもかかわらず、
その死亡率は単位あたり二倍ほど高い。
この薬でそれが少しでも減れば、と思います。

ところで、袋ついてませんね。
衛生面もですが、保存性に問題で袋がついてたんだ思ってましたが。
どおなんでしょ?
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 日記 | CM(1) | TB(1) | ▲ top
コメント
-  -
アドエアうちも採用になりますた。
まだ処方はされていないですが、発売1年が経過して長期投与制限がとれればメインストリームになる薬剤だと思います。

合剤ということでアドヒアランス向上による症状改善効果もさることながら、相乗効果による早期からの効果実感にも期待が持てます。

さらに言えば、今までフルチカゾンとしては800μgが最大量だったんですが、アドエアでは1000μgまで使えるのも、一部の重症患者では魅力的かもしれません。

残念なのは今のところ小児に適応がないことでしょうか。
小児期にサルメテロールが必須かどうかは悩ましいところですけど…。テープあるしね。
あと1個28ブリスターってところ?
長期投与制限がとれたら60ブリスター出すんですか?>メーカーさん

袋は…どうなんでしょうか?>メーカーさん
既存製剤と違って1個の使用期間は短いですが、ほしいですよねぇ…。
2007/06/28 22:46  | URL | しのぶ #wr80fq92[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kobochan.blog83.fc2.com/tb.php/140-17b6bc12

- -
セレベントセレベントはキシナホ酸サルメテロールを成分とする吸入剤である。国内では唯一の長時間作用性吸入β2刺激薬に分類される薬剤で、日本での適応疾患は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患 (COPD) の症状の緩解である。気管支を12時間以上にわたって持続的に拡張するため …
2007/07/26 10:51  さまざまな医薬品
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。