2007 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 02
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ポリフェノール イチョウ葉エキスについて
2008/01/31(Thu)
イチョウ(銀杏)は5,000年前から中国の漢方で主に喘息や気管支炎の治療に利用され、「胸痛や動悸、呼吸困難、喀痰、咳嗽、下痢」などに有効とされてきました。

ドイツやフランスではこうした抽出物が医薬品として広く用いられています。

イチョウ葉から不要物質を除去したうえで、活性成分を濃縮して、液状の抽出物を乾燥させると、ほぼ生薬50に対して抽出物1が得られます。

もっとも広く使用されているのがEGb761で、24%のフラボノイド配糖体約30種類(主にケンフェロール、ケルテチン、グルコラムノサイド、エステルからなる)と6%のテルペノイド(ギンコライドA、B、Cとビロバロイド)からなります。

●薬理作用
これまでにイチョウ葉抽出物(EGb761)のもつさまざまな薬理作用が報告されてきましたが、それらがイチョウの単一の活性成分によるものなのか、抽出物中に検出される多くの活性物質の複合的な作用なのかは断定されていません。

具体的な薬理作用としては、フリーラジカル消去剤としての抗酸化能、血管壁への作用、血小板活性化因子(platelet activating factor:PAF)への抑制作用、血流や循環に対する影響、神経伝達物質への影響などが報告されています。

これ以外にも、欧州を中心に主に脳血管障害の自覚症状の改善に用いられ、良好な成績を収めています。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
スポンサーサイト
この記事のURL | 健康情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぐるぐるカプチーノ
2008/01/28(Mon)
コーヒーが趣味と履歴書にも書く男★はっしーです。
なぜかの月曜休み。されどお天気イマイチ。
平日は誰も相手してくれない^^;
の三拍子揃ったので、一日コーヒーにこだわってみました。
豆はトラジャ極細。
水は純水(←無料ってすばらすぃw)
マシンはスタバのバリスタちゃん(ま~イツモノデスネ)
タンピングをほどほどにして、れっつ抽出。
↓こんなんできました~~。
080128-185134.jpg

ハートくらいはできるようになったけど、
自分につくるのは寒いのでぐるぐるしてみました。
ポール・バセットさん十八番のリーフとか描きたいな~。とか思う今日この頃。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 趣味のこと | CM(3) | TB(0) | ▲ top
Virus 85
2008/01/27(Sun)
 二秒、三秒……。しばらくして、落下の衝撃がカプセルを割って、小銭がはじけ落ちる音が響いた。かなり下階で停止しているようだ。
 少女はその音を確認してから、若干考えるような素振りを見せると、今は無人の売店の中に足を運んだ。普段なら、ポップコーンやドリンクを販売しているコーナーだ。
彼女はそこからタオルを数本持って来た。そのうちの二本を宮崎に放ってよこす。
「何をさせる気?」
 受け取ったタオルは、厚手で湿っていた。きつく絞ってあるらしい。
 少女は先刻見ていたケイタイ端末の画面を宮崎に見えるようにした。
 暗い館内に慣れていた眼に、バックライトの光が眩しい。文字が読めるようになるまでには少し時間がかかった。
 画面にあるのは、定時で内容が更新されていくニュースサイトであるらしい。数列に渡って文字が並んでいる。表示されている時間は、今から三○分程前だ。
「二番目」
 少女はそう言って、ぐいっと端末を宮崎に近づけた。
――港区湾岸の大規模ショッピングセンターで火災発生。
 他にも、広範囲に停電が続いていることなどが、眼にとまった。
「港区?ショッピングセンター?ここ?」
 宮崎は反芻した。
「わからない。ショッピングセンターなんていくつもあるし。でも湾岸だし、可能性は高いと思う」
 少女は端末をポシェットに戻すと、手首にタオルの端を結びつけ、天井のでっぱりを見た。今はパイロットランプが緑色に点灯している。
「もし、そうだったとして、いずれ煙は上にくる。ここじゃなかったとしても、停電でシステムが誤動作したこの建物のセキュリティが火災報知器に連動した消火システムを稼働させたら、二酸化炭素が充満した中でスプリンクラーの水に打たれることになる」
「想像力、豊なのね」
 宮崎は口の端を片方つり上げつつも、同じようにタオルを結んだ。
「消火システムについては本当だし。セキュリティシステムがおかしなことになっているのも事実。大規模な停電が起きているみたいだから、他もこんなことになっているトコはいっぱいあるでしょ。いつ来るかわからない救助を待って溺死体になりたくない」
 そう言って少女はポシェットとタオルの結び目を確認すると、軽く助走をつけてエレベーターのワイヤーに飛びついた。
「あとは好きにしなさい」
 言い捨てて、きつく絞ったタオル越しにワイヤーを掴むようにして降りていく少女。
それを見送る宮崎の後ろで、非常ベルがけたたましい音を響かせた。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ポリフェノール:フラボノイドの抗動脈硬化作用
2008/01/24(Thu)
●ポリフェノールとは

同一分子内に複数のフェノール性水酸基をもつ植物成分の総称で、ほとんどの植物に含有され、その数は5,000種以上に及びます。

成分は光合成によってできた植物の色素や苦みで、抗酸化作用を有する水溶性(一部は脂溶性)の物質です。

●フラボノイドの抗動脈硬化作用

ある研究で飽和脂肪酸の摂取と冠動脈疾患(CAD)による死亡率が、フランスのある地方だけは低く、この低死亡率はワイン摂取量の多さによるものと証明されました。

ワインには高脂肪摂取によるCADの発症を抑制する因子が含まれていると考えられ、特に赤ワインにはカテキン、アントシアニンなどのフラボノイドが含まれており、抗動脈硬化効果が示唆されました。

●ワイン

赤ワインから抽出したポリフェノールは、Cu2+によるLDLの酸化を抑制。

その抗酸化能はαトコフェロールより強く、ワインの抗酸化性は総フェノール化合物と相関性を示しています。

白ワインより多くのポリフェノールを含む赤ワインのほうが抗酸化能が強いと報告されています。

フラボノイドの抗酸化能についても、30歳代男性へ2週間毎日赤ワインを飲ませた試験結果から、ワイン中のポリフェノールがLDLに分布し、抗酸化性を発揮している可能性が示唆されています。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 健康情報 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2008/01/23(Wed)
朝から都心でも降りましたね~。
昼には霙になってましたが。
なんとなくウキウキするものですな。
実際にはメンドイのですケド^^;二律背反?w

明朝はアイスバーになってそうだね。
お父さん、学生さん、気をつけていってらっさい( ´ω`)ノ

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Virus 84
2008/01/20(Sun)
「せっかくの休暇なのになぁ」
空の見えない映画館のホールで、宮崎はひとりごちた。
ついさっきホールについた宮崎と少女はふたりがかりでエレベーターの扉を開け、その扉の向こうの黒々とした闇を確認するや、臨時の相棒は「エレベーター前で待っていろ」そう言い残して数分前に姿を消した。非常灯の緑の光だけに照らされた無人のホールが、どことなく薄気味悪い。
コツ、コツ――。
軽い足跡だ。
宮崎は顔を上げた。
少女は何か丸いものを手に戻って来た。
「おかえり。何?それ」
 宮崎はその手の物を指差す。
「ガシャポン」
 少女はそれだけ言って、手を開いた。
 透明の半球と、色付きの半球。薄暗い緑の非常灯の中ではわかりにくいが、赤っぽいように見える。とにかく、中身をすでに抜き取られたあとのカプセルのようだ。
「ほしいもの当たった?」
 かわいいところもあるんだな、と微笑ましく思って訊いた杏子だが、
「重しになるようなもの、ある?」
 無視されたようだ。
 杏子は眉根を寄せつつ、バッグの中をまさぐる。
 中に入っていたのは、財布にケータイ、ハンカチと先ほど買った口紅。化粧ポーチ。それから警察手帳。
「ホントに警官だったんだ」
 少女は、財布の小銭入れを開け、中身をガシャポンのカプセルに流し込む。
「命の値段にしては、安すぎると思うけど……」
「ちょと」
 宮崎の静止する声も空しく、彼女はカプセルの上下を合わせて球状に戻した物を、エレベーター向こうの闇におもむろに落とした。
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ビタミンCの作用と所要量
2008/01/17(Thu)
コラーゲン合成、ストレス予防にビタミンC


●コラーゲンの合成

ビタミンCの欠乏状態が続くと毛細血管の結合組織が弱くなり(壊血病)、骨粗鬆症にもなります。

●主な薬理作用

ビタミンCは副腎に高濃度で含まれています。

副腎髄質ホルモンや副腎皮質ホルモンの合成にはビタミンCが必要なため、ストレスに対抗するにはビタミンCが大量に必要です。

忘れてはならないのがビタミンCのもつ強い抗酸化作用。

ビタミンCはビタミンE、βカロテンとともに抗酸化ビタミンと呼ばれています。

水溶性なので体内の水分の多い場所で活性酸素を消去していると考えられています。

ヒトの血漿を利用した水溶性ラジカルに対する実験では、ビタミンCが最速でラジカルを消去しました。

また同じ抗酸化作用のあるビタミンEを助ける働きも確認されています。

●1日所用量

成人の1日所用量は100mgですが、これは欠乏にならないための最低量。

ビタミンCは体内に貯めることができないので、いつもやや余分に摂取しておくことがベストです。

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれていますが、熱に弱く水に溶けやすいのでサプリメントをうまく利用するとよいでしょう。

サプリメントは即効性があるので、摂取後1~2時間で血中ビタミンC濃度がピークになります。

通常の摂取は、体内のビタミンC量維持のため、食事とは関係なくこまめに行うことが望まれます。ストレス時にはビタミンCを大量消費するので、ストレスのかかるときや運動の直前に補うとよいでしょう。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 健康情報 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Virus 83
2008/01/13(Sun)
 午後二時を超えても、停電は復旧せず、白昼の太陽がコンクリートとアスファルトでできたメガロポリスを容赦なく炙った。クーラーは動かず、室温は三十五度。蛇口の水も熱い。
 ケイタイも基地局の停電からか、一時間前から通じなくなり、電池式のラジオだけが、外界からの情報を流していた。
 地下鉄、私鉄、JRの全線ストップ。道路の信号も消えて、酷暑のなか警官が手信号で誘導を行っているが、大混乱であるようだ。また、近所のATMから株式取引場まで、金融関係もコンピュータのダウンにより取引中止。コンビニや、スーパーなどでは商品が届かず、加えて、備蓄の生鮮食料品の腐敗も心配される、とのことだった。今日の売れ筋は即席麺とアルカリ電池だそうな。まだ強盗などの通報がないのは、日本の治安の良さか。ただ、原因は不明だが、港区のショッピングセンターで大規模な火災が起こっていると、報じていた。
「暑いですね」
 天崎が、手に持った団扇を眺めつつ、本日何度目かの台詞を漏らす。もう、あおいですらいない。
「暑いって言わないでくれる?」
 今日が大きく開け放たれた窓辺で、剣呑な視線をおくる。ネクタイをほどき、シャツの第二ボタンまではずした、あるいはTシャツ姿の男性陣がよほど気に入らないらしい。
「わたしが熱中症になったら、あんたらのせいだ」などと言っている。
 中田は、その呟きを横に、日本を潰すのは簡単なものなのだな、などと考えていた。
 空が憎たらしいほど、青い――。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Vistaと地デジ
2008/01/10(Thu)
8日におもしろい記事ありました↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080108-00000010-fsi-ind
マイクロソフト 最新OSに地デジ PC“テレビ化”加速とか
ウィンドウズ・ビスタに、日本専用仕様として地上デジタル放送視聴ソフトを
2008年中に標準搭載するとのこと。
メディア・センターの機能に付加されるみたいですね。
SP1かSP2かの機能でしょうか?
地デジ対応PCが低価格化に期待^^

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
Virus 82
2008/01/06(Sun)
「サイバーテロ……!?」
「まさか」
 誰かが言って、誰かが応えたが、誰の頭の中でもI.T.HAZARDの記憶は新しい。
 と、突然テレビの画面が暗転した。
 中田は額から頬へ汗が流れ落ちるのを感じた。ハンカチに手をやりながら見ると、到着したばかりの大久保はもちろんだが、天崎の首筋にも汗の玉がいくつか浮かんでいる。
「冷房も切れた?」
「朝、点けたんですけどね」
 と、天崎。彼は壁際の冷房のリモコンを手に取る。が……。
「あれ?」
 彼が何度かエアコンにむけて操作するも、送風口の板が動く様子はない。注意して見れば、停止時でも赤に灯っているはずのパイロットランプが消えていることに気付く。
「また、停電かしらね」
 杏子はエアコンのリモコンと反対側の壁にある蛍光灯のスイッチを何度かカチカチと押していたが、諦めて戻って来た。
「確かめてみます」
 中田が内線をかけるが、プーップーッという電子音すらしない。次いで彼は自分の携帯電話を取り出して、それにかけてみたが、結果は同じだった。ちなみに携帯電話の電波は三本立っている。彼は受話器を置いた。
「電話も通じません」
「そんなわけなかろう。停電でも電話は通じるんじゃなかったかね?」
 大久保が横から受話器を取り上げるが、それを天崎が制した。
「室長、ダメです。最近の電話は使えなくなるんですよ。停電と同時に。昔のジーコジーコする黒電話ならともかく」
「いまどき、そんなもの……」
 昨晩内線が通じたのは、すぐに復旧したから、ということか。
そこへ、建物の管理事務官がノックの後に入って来た。
「停電の状況ですが、しばらく復旧できないようです」
 内線も通じなくなって、全ての部屋をまわっているのだろう。肩で息をしつつの報告だった。
「たまらんな」
 大久保が額の汗を拭きつつ、近くにあった椅子に座り込む。
「原因は、やはりわかりませんか?」
 中田は、昨日の停電を思い出しつつ訊いた。
「わかっていません。付近では送電線の工事もしていませんし」
 それだけ言うと、一礼して事務官は退出した。この建物は六階立てだ。部屋の数も三十近い。大変である。
 ドアが閉まると、途端に暑苦しく感じた。そんなわけはないが、室温が急に上がったような錯覚を覚える。
 まだ、午前中である。通勤ラッシュは過ぎたとは言え、これから午後二時あたりまでに気温は三十度をかるく超えるだろう。地上のJR線などはまだよい。降りればよいのだから。地下鉄に乗っていた何万人もの乗客は、その暑さと暗闇の中に閉じ込められたのだ。すでに混乱が始まっていることは想像に難くない。
 それでも、中田たちにはどこか他人事、と楽観していたところがあったと言えよう。たかが停電と。すぐ復旧するさ、と。実際、昨晩は一分もせずに復旧したのだ。
 しかしその楽観は、裏切られた。
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
謹賀新年
2008/01/04(Fri)
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

この1年が、あなたにとってよい1年でありますように。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。