2007 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2007 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Virus 69
2007/09/30(Sun)
「国土とはね。撤退か」
 隊長の呟きを背後に、杏子は身を翻す。
 SATとのやりとりで時間をとってしまった。ドアの向こうで待ち伏せされていることだろう。三人はドアの前には立たずに、横の壁に隠れるようにして身を置く。
――ピ。
天崎がIDキーで電子ロックを解除した。
 あとは何の抵抗もなくドアは開いた。
 一、二、三秒。きっかり数えてから部屋の中に踏み込む。
 予想に反して、そこには一人の女が、不適な笑みを浮かべて座っているだけだった。
「ようこそ、中田サン。おひさしぶり」
 間髪いれずに杏子が銃口を向けると、女はそう話しかけてきた。
 杏子は眉をひそめ、女を見据える。
「公安に揺さぶりをかけたらね」
女は立ち上がった。
「あなた、何者?」
 杏子の問いを完全に無視して、女は言葉を続ける。
「案の定。あなた方が出向いてきてくれた」
「キャサリン・マクドガル」
 中田は声に出した
外国語教室にいたキャシーに間違いなかった。
「覚えていてくれたんですね。嬉しい」
 キャシーはニコリとした。
 しかし、キャシーはあの成田でのテロの晩に焼死したはずだった。中田も病院で読んだが、新聞には三人の男女の死体があったと報じられてあった。
「生きていた?」
「ワタシはワタシですよ」
 キャシーはおかしそうに笑う。
「でも、遺体があったはず」
「炭化した死体の見分けがつくんですか?赤の他人が?」
それが答えだった。別人ということだ。
「ワタシは所長の意思を継ぎます」
 そう言って、キャシーは机の引き出しを探り始めた。
 それを、杏子と天崎の銃口が追う。
「やめておきなさい」
 キャシーはそれを睨むようにした。
「別に逮捕するために来たわけではないでしょう?」
「第一目標はそうですが、必要なら逮捕もします」
 天崎は銃を下げない。
「そう」
 キャシーが取り出したのは、何かのディスクだった。見た感じMOか。彼女はそれを無造作に放った。
 杏子と天崎は銃を構えていたため反応が遅れる。慌てて中田がキャッチするのと、目前を透明なシャッターがゴーンと落ちるようにして閉まるのが同時だった。
 部屋はキャシーがいる側と中田たちがいる側で完全に仕切られてしまった。
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
スポンサーサイト
この記事のURL | 連載小説 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ムダ
2007/09/26(Wed)
少し間が空きましたが、お元気でしょうか?
今週は★はっしーもイロイロとイベントが多く、
月末で仕事が忙しいのもあって、大変ヘバっております。

それはそうと、先日、友人と秋葉原に行ってきました。
「何が買いたい!」とかではなかったのですが、
おもしろい店を発見しました。
『創業平成十九年(笑)むだや』
屋号は□のなかにム。
キャッチコピーは、生活非必需品専門店。
http://blog.mudaya.com/
2656b3de.gif

店長さんの言葉では
「我々が無駄に生きてきた30年間を正当化し、
無駄の有用性を広く世間に訴えるために立ち上げた一大プロジェクト」
C級商品で世界進出狙っているそうな。
店は1Fと地下に分かれていて、
地下への踊り場に自由帳もおいてありました。
で、その生活非必需品は、というと
小便小僧型バーナー(タバコ用);火をつけるとき、小僧のナニに顔を再接近させなあかんヤツ
意味もなく、大人買いしなきゃならんサイコロに、
びっくりばこ;引き戸タイプで、なかの動物(ゴム製)の動きにハートズキュン
などなど、★はっしー的には、ちょおツボな店でありました(o^-')b

んで、買ったのはボールペン。
薬剤師という仕事は、
ボールペンはいくらあっても困らない必需品なんですが、
形がチューブ。というか、ハッキリいうとヒル○イド(20g)の形。
キャップから、折り返しまでのあのラインも忠実に再現された
○ルドイド(20g)チューブ。
調剤室にあったら、まず軟膏棚にしまわれてしまいそうです^^;
おもしろいので、スタッフ全員分かいました。
経費でおとしていいですか?w

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ


この記事のURL | 日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
三宮一貫樓
2007/09/21(Fri)
今日、パートさんが一貫樓の豚まんを買ってきてくれました。
元々神戸にお住まいだった方で、
三宮一貫樓の豚まんといったら、
平均8,000個~1万個が神戸っ子のお腹に収まるという。
それが銀座阪急で売ってたということで買ってきてくれたんです。
薬局なので、気を使ってくれて、
ジップロックに入れてきてくれたんですが、
それでも匂う食欲をそそる香り。
家でチンして食べたんですが、
それでもなんというジューシーさと玉葱の甘みよ!
皮はモチモチ(o^-')b
薬局だろーとその場で食べてたら至福だったでしょうな~~。
また、食べたいわw
070921-222213.jpg

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
脳内メーカー
2007/09/20(Thu)
つい最近流行りましたね(o^-')b
★はっしーもやってみますた。結果↓
20070920010800.jpg

B6B6CBDCCFC2C5B5.gif

うーーん何気に当たってますかね?^^;

せっかくなのでリンク↓
http://maker.usoko.net/nounai/
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
Virus 68
2007/09/17(Mon)
が、それを一瞬で消し、声はあくまでも懇願するような猫なで声をあげる。
「あのぅ、すみませーん。携帯、でてもいいかしら?」
「え」
「――バカにしているのか?」
若いのは動揺し、中央で構えていた男は声を荒げる。
「まさか。残念」
 杏子は肩をすくめてみせた。
「いいですか?」
「どうぞ」
 今一度、若いのが手を伸ばすのを眼の端に捉えつつ、杏子は拳銃の男を凝視している。
 携帯の三和音はもう鳴り止んでいた。
 拳銃の男に変化が現れたのは、そのすぐ後だった。
 通信担当だろうか。SATのひとりに、二言三言耳打ちされると、拳銃の構えを崩して、耳のレシーバーを押さえるようにした。
「C班、谷口。なんだと?引けだ?いったい……説明を……はい。――はい。」
 拳銃の男の顔が赤くなって、ついで青くなって、最後に白くなった。
 その変化を見つめる杏子の眼が、すぅっと細くなる。
腰のあたりをチェックしていた若いのの肩を押し返すと
「立場逆転ね。私らは現時刻をもって、この場で全ての権限が与えられたわ。銃を降ろしなさい」
「む……」
 いまいち状況が飲み込めない中田にも、谷口の反応の悪さから、だいたいのことはわかる。 
 つまりは捜査権の優先順位が、この時点から警察より国土調査室のほうが上になったということだ。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
更新
2007/09/16(Sun)
Virusの更新ですが、管理人の都合により明日とさせていただきます。
楽しみしていただいた方。申し訳ございません。

原稿いれたフラッシュメモリどこいった^^;

追記;Virus67は加筆訂正しました
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
mabinogi
2007/09/14(Fri)
★はっしーです。こんにちわ。
銀座4丁目に教文館っていう本屋があるのですが、
その6Fはナルニアホールという、
赤ちゃんから高校生を対象にしたロングセラーの絵本、
物語の本、かがくの本を約1万2千冊常備しいるフロアなんですが、
実は13日まで、そこで『マビノギオンの世界展~
島(ブリテン)のケルト人・カムリ(ウェールズ)の口承文学を追って~』というのが開催されていたので、立ち寄ってきました。
★はっしーはMMORPG『mabinogi』のプレイヤーでもあるので、
大好きな世界なのですYO。
マビノギオンは、ウェールズに古くから語り継がれ、
やがて書きとめられたケルトの物語集。
2000年春、中野節子さんがウェールズ語からの初の完訳である
『マビノギオン―中世ウェールズ幻想物語集』を出版し、
また、写真家・加藤忠興氏と妻公惠さんが、ウェールズに赴き、
物語の舞台となった場所を訪れ、足かけ6年、のべ12か月の間におさた
今春写真集『マビノギオンの世界―ウェールズに物語の背景を訪ねて』として結実しました。
今回の展示会はそういうものだったようです。
ギャラリーメインは、
「マビノギオン」の中の“マソヌウイの息子マース”です。
空の青さが美しい(o^-')b
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 趣味のこと | CM(3) | TB(0) | ▲ top
Virus 67
2007/09/09(Sun)
リーーン。
 エレベータが到着した。
 中田たちは、一気に通路を駆け抜け、通路がぶつかった先にあるドアを管理室のにあったIDキーをつかって開けようとした。
「止まれ!両手をあげろ」
 背後からの声。
 背中にゾクリと冷たいものが走る。
続いて、銃口が狙いを定める音がいくつも重なる。SATだ。
SATとはSpecial Assalt Teamの略で、日本警察における対テロの特殊部隊のことだ。
 天崎のエレベータの停止は間に合わなかったということか。もしくは、すでに別働隊として潜入していたのかもしれない。
 どちらにしても、まだ令状が降りていない中田たちには何の権限もなく、また、すでに警察機構には属していない。それどころか、ここのスタッフと誤認されている可能性が大きい。
無線の会話が脳裏をよぎる。
――『相手の数の確認を』
――『ランクBが三人。ランクFが一人』
中田はゴクリと唾の飲み下し、できるだけゆっくりと両手を上げ、振り向いた。
相手は四人。三人がライフル、中央の一人が拳銃を構えていた。
「武器を捨てろ」
二秒、三秒……。
そして、杏子の手から拳銃が溢れた。天崎も習って拳銃を落とす。
「そのまま動くなよ」
 拳銃の男が、あごで中田たちを示すと、ライフルを向けていた中で一番若そうなのが銃口を上げて進み出た。
 まず床に落ちている二丁の拳銃をSATのメンバーの方に蹴って中田たちから遠ざけた。
 次に中田、天崎と、服の上から身体を触られ、武器を隠し持ってないかも調べられた。中田の懐から拳銃が取り上げられた。
それから、「失礼」と断わってから杏子の身体をチェックしようと手を伸ばす。
と、何の前触れもなく、杏子の携帯が鳴った。この緊迫感のなかを、今どき三和音で三分クッキングが流れる。
 杏子が不適な笑みを浮かべた。
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
宝くじ
2007/09/06(Thu)
ずーーっと忘れてたサマージャンボ。
そいやぁ、バラ1組買ったな~~と、インターネットで当選番号確認。

http://www.takarakuji.mizuhobank.co.jp/tsujyo/zen0526.html
3等68組167924番!
070906-205140.jpg

組ちがい、ないんかーーーーっ(ノ`Д´)ノ 彡┻━┻
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
うにょ~ん
2007/09/04(Tue)
先日、マロニエゲートを紹介しましたが、
そのすぐ近くに、もうホント『うにょ~ん』としか言いようのないビルが完成しました↓
070904-191015.jpg

アドエスでの夜間撮影なので画像が荒いのは勘弁。
べつに空間がネジ曲がったわけでもありません。
フォトショで加工したわけでもありません。
ファイナルファンタジーのCGっぽいですが、違いますw
こういう建物なんです。
今、銀座二丁目、三丁目がアツイ!!
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
Virus 66
2007/09/02(Sun)
「キャシー・マクドガル?」
「間違いないのね?」
「入室記録からは、そういうことになります」
キャシー・マクドガル――あの新宿の外国語教室で応対に出た女性と同姓同名だ。少なくとも、あの外国語学院と何らかの関わりがあるのは確かなようだ。
「わかった。エレベータを確保しておいて」
「了解。二基とも確保。うち一基を停止させておきます」
と、不意に上のほうで爆発音が聞こえた。上の階のドアが吹っ飛ばされたのだろうか。
「やることが、いちいち派手なのよ」
 先にビルの管理システムを押さえておきたかったが、ここはあきらめたほうがよさそうだ。三人は地下に止めておいたエレベータに飛び込んだ。
「十七階へ」
 杏子が言うが早いか、中田は十七階のボタンを押す。
「もう一つのエレベータ、大丈夫?」
「ちょっと駄目だったかもしれません」
 天崎が眼鏡の端をクイッともちあげた。
「ちょっとぉ、連れてきた甲斐ないわねー」
「すみません」
 杏子の盛大な溜め息に天崎は身を縮ませた。
 それを横目に杏子はショルダーバックから携帯をとりだしマナーモードを解除した。
「なにやってるんですか?」
中田が当惑顔で止めようとするのを、開いている左手で遮って、それをパンツの後ろポケットに入れながら
「どうせ、向こうに侵入はバレてるって」
 いいから、いいから、と笑った。
確かに、公安がロックされたドアを爆破してくれたおかげで、十七階の人物にも侵入がバレたであろうことは明白だ。エレベーターまで使っている。だからといって、携帯の着信音をONにしなくてもよかろうが。
ふと、エレベータが減速するのを感じた。もうすぐ十七階だ。
 中田は手の平の汗をシャツで拭った。
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マロニエゲート
2007/09/01(Sat)
職場のちかくにHANDSが今日Openしたというので、
さっそくいってきますた(^-^)v
昼休みにブラっと行ったら入場制限Σ(゚д゚lll)ガーン
えーーーーっってことで夕方に出直しました。
有楽町駅から大通りわたって、
通称マロニエ通りに入る角にあるから、
マロニエゲート。
070901-145638.jpg

5F~9FにTOKYU HANDSが入っていて、下階が主に服飾雑貨。
上階がレストランフロア。
HANDS自体も各階でカラーが違うのでわかりやすい^^
特設コーナーでは「江戸意匠」と題して
「日常を潤す生活道具」が展示、販売されていました。
クリップ3つ(?)で5万とか^^;ただし銀製ですΣ( ̄□ ̄;)!!
銀座はいままでITOYAの一人勝ちでしたが、
どおなるのでしょうね~~?
ステーショナリーだけでなく、
キッチンやコスメ、アウトドアもカバーしているので無印も大変!
銀座のお買い物コースが変わりますね(o^-')b
なにはともあれ、近所にようこそいらっしゃいました^^
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ

この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。