2007 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 04
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
溝口 肇
2007/03/31(Sat)
世界的チェリスト、溝口肇。長寿番組「世界の車窓から」のテーマ曲でもおなじみのチェリスト兼作曲家。
Apple Store Ginzaの3Fで18時から生演奏ですよ!!アルバム「OPERA?」の収録曲など、ミニシアター的なおちついた空間で楽しみましょう(o^-')b

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ

スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ポール・バセット来日中
2007/03/30(Fri)
カプチーノ

夕方頃職場でピッツァ・サルヴァトーレ・クオモさんのちらしを見ていたら、無性にPaul Bassettのコーヒーが飲みたくなって(銀座のPaul Bassettはサルバトーレの下の階にある)、いてもたってもいられず、店に向かったんです。
こういうのを虫の知らせって言うのでしょうか?
いたんですYO!!Paul Bassettさん、その人が。ふつーーにコーヒー淹れてるんです。もう、先日のBRUTUSにのってたポーズそのままでwもうPaul Bassettキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! って感じで舞い上がりました。
心なしか店員のお姉さんも緊張してます。
いや、だって世界第一位のバリスタですよ。
お姉さんに聞くと、嘘か本当か銀座店にくるのは初めてだとか。今日いれて5日間しかない日本での滞在で、銀座店にいるのはわずか数時間。その間に淹れてもらえる客はごく僅か。ホント奇跡ですよね。
せっかくなので、ミーハーらしく握手してもらいました。職人の手でした、思いの外やわらかかったねー。
で、肝心のコーヒー。いやー、「風が語りかけます。うまい!うますぎる!」じゃないけど、言葉をなくして味わいました。クレマとフォームミルクが渾然一体となって喉をぬらす感じ。すっきりとした、とろろみたいな感じかな。香りも味もしっかりコーヒーなのに、喉に刺す刺激がなく、実にまろやか。コーヒーを喉で味わえたのは初めてでした。新宿店とか自由が丘店にも現れるかもしれません。
店の常連さん、バリスタ目指すひとは要チェックですよ(o^-')b一度は飲んでほしい一杯です。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ


この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2007/03/28(Wed)

アークヒルズあたりも桜が満開だとか。せっかくなので模様替えしました。いえ、それだけなんですけどねw期間限定なテンプレートですが、こういうの好きです。作者の06_sakuraさま、ありがとうございます。 みなさんは花見いきますか? ★はっしーは昨年は浜離宮でした。ちょうどNHKが取材に来ていて、夜のライトアップがそのぶんすごかったな。。。都会の夜景をバックに白桃色!!


 014.jpg015.jpg

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ

この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Virus 32
2007/03/28(Wed)
 北沢が「くれぐれも、よろしくお願いします」と一礼して部屋を出て行ったのを見計らって、中田は杏子に耳打ちをする。
「ずいぶん冷静なんですね?」
「北沢さん?」
「ええ」
資料をもう一度繰っていた杏子の手が止まる。その手を口元にもっていってポツリと洩らす。
「今更迷惑だったかな?」
「どういうことです?」
訊く中田に、含みのある表情で資料の一箇所を指し示した。
「美可は豪徳寺で一人暮らしだけど、北沢栄樹と、加奈子の住所。台東区、番地番号まで同じでしょ?わからない?」
「再婚ですか?」
「いや。加奈子の姓は旧姓の広瀬に戻ったままだし、役所には婚姻届は提出されていなかった。ふたりがどういった経緯で同居しているのかは知らないけど、もし栄二が見つかって、このことを知ったらハッピーエンドってわけにはいかないかもね。痛くもない腹を探られるのは不快でしょうし、痛かったら尚更触れられたくないでしょう?」
 杏子の言うことはもっともだが、中田は違和感を覚えた。ほじくられたくないなら、どうして国土に依頼してきたのか。
「でも、北沢氏はウチに依頼してきたんですよね?」
 そう言う中田の顔を杏子が覗き込むようにした。
「キミ、勘違いしてるよ」
 と、これは杏子。
「国土は民間の探偵社ではないからね。個人レベルの依頼は取り扱わない」
 これは大久保。
「杏子君は、例の皇太子暗殺未遂と織倉青年の失踪事件で追跡調査がしたかった。だが、警察庁の刑事さんでは調査に限界があるだろう?それどころか、事件に触れることすらできないだろうな。だからウチのスカウトにのった。残念ながら僕の魅力にクラッときたわけではないらしい」
 大久保は少しも残念そうなふりを見せず、むしろ、うれしそうに冷めたコーヒーを口にする。
「おじさんの魅力はどうでもいけど、そんなとこかな。でも、いくら国土でも突然直接介入はできないからね。だから、きっかけがほしかった。で、資料室でエルトリア絡みの事件を探していたら北沢栄二の失踪が過去にあった、と。彼には再調査の参考人としてお越しいただいた。そういうわけ」
 おわかり?と、中田の額を右の人差し指でつつく。
 どうやら毎日の資料整理も意味があったらしいと中田は理解した。
「ところで室長?」
杏子は資料を机に置いた。
「ん。確認をとっておこうか」
 大久保が頷く。
「警察機関とのリンクは?」
「基本的にはない。君たちの身分は隠蔽とする」
「報告に関して」
「先の言葉通り。日本時間の一三時に直接口頭で僕に。無理な場合、電話ないしメールでも可とする。現状ではこれでかまわないだろう」
「犯罪者への対処」
「現行法規に基づく」
「銃の携帯」
「護身用のみ認める」
「警察が介入した場合」
「身元は法務大臣が保証する」
 一通りの確認を終えると杏子は椅子の上で大きく伸びをする。
「これからが忙しいぞ。北沢氏の件で、エルトリアに直接いかなきゃって上を納得させないことには出張費でないし、捜査権も持てない。まずは下地づくり。めんどいなぁ」
そう言う彼女は、その言葉とは裏腹に水を得た魚のごとく溌剌としていた。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Virus 31
2007/03/25(Sun)
 中田はテーブルの真ん中に置かれた写真に眼をおとした。そこには母親らしき人物は写っていない。
「北沢さんは、おふたりがまだエルトリアにいるとお思いですか?」
 杏子は視線を外さずに問い掛ける。
「わかりません。日本にいるのか。エルトリアにいるのか。それとも、もっと別の国なのか」
「亡くなっている、とも考えられますが?」
「それならそれで、これからの私の人生で捜索にあてるはずだった時間がもっと別のことに使えますから」
 その言葉にひっかかりを感じながらも、中田は自分からも質問をした。
「見つけ出したら、ふたりの身柄はどうしましょう?」
 それに応えたのは大久保だった。
「君たちには日本時間の十三時に定時連絡を入れてもらう。基本的にはどちらかが直接ここに出向いてもらうことになるが、海外に出ていた場合など、それが不可能な場合は電話ないしメールでも可とする。その際に報告してくれ。その後はこちらで対処を検討する。高度に政治的問題になるかもしれんし、それは北沢氏にも了解してもらっている」
 北沢は頷く。
「それに、あいつらにはあいつらの生活もあるでしょうし」
 物分りがよすぎる。それが、先ほど感じたひっかかりの正体だと中田は気づいた。
 北沢はふたりの安否を気遣い、心労に耐えているように見える。それは国土にまで依頼してきたのだから、余程の想いだと思っていた。実際、某国の拉致被害にあった家族は何がなんでも日本に返してくれと二十年もの間辛抱強く訴え続け、それで再会することができたのだ。それなのに、この物分りの良さは何なのか。
 中田がいぶかしんでいるのをよそに、残りの三人で、今日のところの話は終わったようだ。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
NOIR
2007/03/23(Fri)
本日、家にHDD-DVDレコーダが届きまして、
TVがAQUOSなんで、こちらもSHARPで決めてみました。
で、それはどうでもいいことで(笑
一昨日ジャングルの彼方から届いたDVD-Boxが本題。
某サイトの801ちゃんも言ってましたが、
「その一箱が命取り」「DVD-Boxは破産するよ!」
でも、買ってしまったら、しゃーーないわなw
2001年放送だったと思いますが、第一話Aパートに一切説明なし。
ヒロインの台詞ひとことのみ、というアニメです。
学生時代唯一観ていたアニメで、ハマりましたよー♪
ヨーロッパ映画の雰囲気を感じさせる独特のテイスト。
今では種ガンダムや、.hack等で有名な梶浦由記をはじめとしたスタッフ。
狙った萌えはなし!
売れ線、常識にこだわらない姿勢が好きです。
知る人よ買うべし!!
知らぬ人よ、レンタルからどうぞ~

「Noir……。其は古よりの運命の名。死を司るふたりの乙女。
 黒き御手は嬰児の、安らかなるを護り給ふ」

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 趣味のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Virus 30
2007/03/21(Wed)
 エルトリア――その単語に肩がビクっと反応したのを中田自身自覚できが、それを大久保がじっと見つめていたことには気づかなかった。
「ここ最近なにかと話題になっている国ですね」
 そう言ったのは杏子だ。
 三ヶ月前の皇室秘宝展、成田での皇太子暗殺未遂――そう未遂だった。皇太子は療養中であるものの、今も存命である。それはテロから数日経ってから発表された、エルトリア皇室からの正式な声明である。
 では、日本の監察医たちが診た皇太子の遺体は何だったのか。どうしても織倉一季との関連を考えてしまうが、今となっては確かめようもない。
 北沢の話はつづく。
「栄二は最初、そこの皇立研究所に客員研究員として招待されたんです。そのすぐ後に研究所をひとつ任されたという連絡があり、それで絵里を連れてエルトリアに移住したのですが、それっきり音信不通になりました。もう九年になります」
 北沢の語る口調は淡々としていたが、眉間には深い皺が刻まれていた。
「栄樹さんは外務省を通じて、エルトリアにふたりの捜索願をだしたんだが、行方不明という回答を七年前にもらったきりだそうだ」
 そう付け加えたのは大久保だった。
「美可さんは、東京に今もいらっしゃるということですが?」
 杏子が眼の前のファイルを開いて、北沢に眼をやる。
「ええ、豪徳寺にいます」
先と同じ回答だ。大久保に言われて北沢は美可の現住所を紙に筆記した。
「どうして、絵里さんだけエルトリアに?美可さんには行けなかった理由でも?」
「栄二がエルトリアに研究所をもらう前後に加奈子と離婚しまして。ああ、加奈子というのは栄二の妻だった女です。原因はわかりませんが、移住の件も無関係ではなかったと思います。結果として、あの子たちは別々に引き取られ、絵里は栄二のもとに残った。そういうことです。親の勝手な離婚で、かわいそうに」
 北沢は両の手のひらで顔を覆った。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
盛岡冷麺
2007/03/20(Tue)
ぶつぶつ文句言いながらも、韓国料理食べにいくはっしーです。アンニョン(^_^)/
今日のランチはぴょんぴょん舎。席が10席ほどの小じんまりした店なので、ランチ時は行列ができちゃう店。普段ならその行列を横目に通り過ぎるのですが、今日はお昼とるのが遅くなったので覗いてみたら、すんなり入れました。
韓国料理というより盛岡冷麺の店。辛さは3段階+キムチ別の4種。通はその別のとか特辛とか選ぶようですが、はっしーは初めてさんらしく、中辛。
で、なんか店のなかで話声聞こえないなーと思っていたら、そのハズで、半端じゃないコシ。口で加えたまま4~5回は噛まないと、きれません!かなりびっくりで笑っちゃいました。いや~、これはしゃべる余裕ないわw味もしっかり麺にからんでるし、冷麺嫌いの方でも食べられるんじゃないかな?
前歯に自信のある方、一気に麺を吸い込める肺活量の持ち主。14:30あたりが穴場ですよ(^O^)

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Virus 29
2007/03/18(Sun)
 季節は夏。八月も半ばを過ぎていた。
 その日も2階の資料室で書類の整理をしつつ部下(中田)に夕食のリクエストをしていた杏子に室長の大久保から内線があった。
 オフィスに出向くと室長と対面する形で一人の男が座っていた。中田たちの位置からは後姿しか見えないが、それでも、ワックスでオールバックに固めた髪や紺のスーツの形のよい襟からだいたいの性格は想像できる。室長に北沢と紹介をうけて振り向いた顔はたるみがなく、銀縁のメガネには概ね気難しい印象を与えるものだが、彼の第一印象は穏和なものであった。
「北沢栄樹と申します」
 すっと立ち上がった北沢氏は腰から四五度の角度で、丁寧というよりも儀礼的なお辞儀をよこした。手渡された名詞には東京国立美術館学芸員とあった。
 大久保は中田たちを、今回の調査員として紹介した。礼を返すふたりを座るように促すと、腰を降ろした二人の前にノートほどの厚さのファイルをおく。
「とりあえずは北沢さんの話をきいてもらおう」
「はい」と応えたのは北沢だった。
「端的に言えば、人を探しています」
 そう言って応接テーブルの上に差し出した写真は、写真屋で撮った家族写真といった感じで、壮年のスーツの男が一〇歳前後の二人の女の子の肩に手を置いている。女の子は双子なのだろうか。顔も背もほとんど違いがない。ただ、身に着けているものが片やワンピースで、片やTシャツにハーフパンツであるので見分けはつく。
「探し出してほしいのはそこの男と、男の子のような格好の女の子です。男は北沢栄二。私の弟です。ふたりは姪にあたります」
「あなたの?栄二さんの?」
 訊いたのは杏子だ。
「私からみて姪です。ワンピースの子が美可で、Tシャツの子が絵里。美可は今も豪徳寺に住んでいます」
 杏子は応えに相槌をうちながら、手帳にペンを走らせる。
「栄二は当時四三歳。生薬学の博士でした。兄の私が言うのもなんですが、できた奴でしたよ。あの時も研究論文が認められて、エルトリアに研究所をもらえたんです」

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ


この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホワイトデー
2007/03/14(Wed)
今日はホワイトデーでしたね。
とあるところの統計によると、ホワイトデーでのお返しは、
チョコが2位で、ケーキが1位だとか。
職場の上司が嬉々として買いに行くというので、
便乗させてもらいました。
買ったのは二丁目のキルフェボン銀座。
新鮮なフルーツタルトが有名な店で、ボリュームたっぷり。
それでいて味がくどくないので、ぺろりといけちゃいます。
なんか店は激混みで、ショーケースの前はすごい人だかり。
店内のメルヘンな感じと、
1時間は待たねば、なお客の雰囲気のミスマッチががが^^;
最近はその人だかりで何度か覗く程度でおわっていましたが、
今回は上司もがんばってくれました。
1ピース600円ほどのをいくつか買って退散。
なんだろう、この達成感わw

みなさんは、ホワイトデーどうでしたか?

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ

この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Virus 28
2007/03/14(Wed)
 第二章 The side of Nakata

 内閣安全保障室という部署があった。危機管理体制整備を目的に、一九八六年に内政審議室、外政審議室と共に新設され、主に防衛庁出身者が室長に就いた。その後地下鉄サリン事件などを教訓に体制強化が図られ、九八年に内閣安全保障・危機管理室となったが、二○○一年の省庁再編で他の二室と同じく解消された。現在では三室長の代わりに置かれた三人の内閣官房副長官補が、経済、外交、安全保障など各分野に横断的にあたることになったが、その特異性ゆえか、その機能の一部だけは独立した部署として残ったものもある。それが国土調査室である。
 捜査員は形式上、国際刑事警察機構(インターポール)に出向という形にすることで、ある程度の制約はあるものの、国内外において事の調査にあたることができて、ある意味、超法規的組織と言える。
 が、実際は専ら時効寸前の未解決事件の洗い直しがその業務であった。室長など、日がな一日えびせんを片手に新聞を眺めるのが日課で、赴任第一日目にして中田を大きく落胆させたものだ。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Virus 第一章は完結しました
2007/03/11(Sun)
最近、小説のUP頻度がさがってませんか?というメッセージをいただきました。おっしゃるとおりです。
実はVirus27が第一章の最後なんです。いまは第二章のプロットをもとに、おおまかな筋立てをしているところです。
第一章では、なんで登場したか不明な人物も多数登場していましたが、第二章で引き継がれて、話にからんでいきますのでお楽しみに。
ちなみに、第一章では物語の導入ということで、複数の主人公がいましたが、次からは主人公が章ごとに変わります。この人の視点だと、こうなのか。そういうのを楽しんでください。

第一章はまとめてhttp://monokaki.net/writers/wpara3/vroom.cgi?038
に載せてありますので、よろしければ、どうぞ。感想などいただければ幸いです。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ


この記事のURL | 日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
Paul Basset Ginza
2007/03/10(Sat)
20070310202936
行ってきました。バゼットさんトコのコーヒー店。1Fがカフェで、2Fではパスタとか食べられるようです。テイクアウトもできますが、丁寧なつくりかたなので、オーダーから時間がかかりますから、お勧めしません。コーヒー傾けつつ、店でゆったりとした時間を楽しむのが良いかと。
頼んだのはマキアート。ワンショットのエスプレッソとミルク同量というシンプルなやつ。あとはお好みで砂糖くらいで。キャラメルとかいれません。シンプルだからこそ、深い味わいで、舌のあらゆる味覚が刺激されました。うまい!
←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ



この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Wii
2007/03/08(Thu)
βよりプレイしておるマビノギですが、
今週のパッチからパッチ検証0%~99%になると、
Window自体消えてしまいます。
ええ。ログイン画面にすらいけません。
Vista未対応もここまでくると、ね^^;
いまは女神転生しとります。
キャラ名は原作2作目の主人公の名前です。

それとは別に、長~くコンシューマをもっていなかった★はっしーですが、
このたびWii買っちゃいました^^
なんか地方に行ったら売ってたのですよ。なぜか電池抜のため-¥100で。
んでファイヤーエムブレム暁の女神買いました。
と、言うか、これがやりたいがためのWii購入。
やっぱ、エムブレムええですのぅ。
聖戦の系譜がサイコーに好きだった★はっしーは、
あの広大なフィールドでの戦略バトルが好みなのですが、
今回もいつもどおり用兵ゲームであるところだけが残念です。
しかし3D。新鮮ですね~~^^

みなさんはエムブレム好きですか?

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ

この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
Mac館
2007/03/06(Tue)
新しいipod発売なんでしょうか?
銀座のMac館横の様子です↓
img054.jpg

img053.jpg

小雨がパラつくことがあるなか、スタバとか手に、建物グルリと。
意外にも女の子が9割方を占めてました。
日本では物欲で並ぶことは少なくなったな、と思ってましたが、
そんなことはなかったんですね。
友達とゲームを買おうと並んだ幼い日をおもいだしました。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の嵐
2007/03/05(Mon)
夜、東京は春の嵐でしたね。
20時過ぎなんか、銀座は人人人なのに、
視界には一人しかいませんでした。
みなさんは雨に打たれませんでしたか?
お風呂で体を茹でて、湯冷めしないうちに寝ないと、だね(o^-')b

そんなわけで、Paul Bassetのカフェは本日断念。くやしーー><
また、次回待て!!

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バリスタ
2007/03/04(Sun)
★はっしーの趣味はコーヒー。
履歴書に堂々と書くくらい好き。
先週みかけた雑誌『BRUTUS』にコーヒー特集があってこともあって、
今回はその話。
自分の愛用のマシンはスタバのBarista。
イタリア語で、カウンターの中でエスプレッソマシンを操って、
メニューをつくりだす人と同じ名前ですね。
ちなみに、イタリアでは、バーテンダー=バリスタなのだそうな。
それはそれとして、以前はSaecoのマシンをつかってましたが、
昨年よりスチームノズルのサスペンダーは卒業して、
テクでフォームドミルクを作っています。
毎回キメの細かさがちがいますが^^;
どなたか均一のコツをご存知でしたら、どうか教えてください。

ところで、雑誌にもあったGucci Cafeは行ったことあるのですが、
同じ銀座に2003年のバリスタ選手権の優勝者、Paul Bassetさんのお店があるそうな。新宿は知っていましたが、こちらは不勉強で><
今週中にも行って味わってきます(o^-')b

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ

この記事のURL | 趣味のこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Virus 27
2007/03/02(Fri)
 重い足取りで監査部管理官室に戻ると、同僚の柊警部が何やら意味ありげな笑い方をしていた。
「何かいいことでもあったんですか?」
あいさつがてら尋ねると、中田の隣まできて杏子に聞こえないよう耳打ちしてくる。
「なんだ、知らんのか?我らが管理官殿、異動だってよ」
 警部はことさら上機嫌だ。だから言ってしまった。
「その監理官殿への生贄になった者の気持ちがわかりますか?」
 すると警部は大きく口を開けて表情を凍結させてしまった。
 中田がよろよろとデスクに座ると、しみじみとした顔で肩を叩いてくれたが、何の慰めにもならなかった。
 入れ違いに杏子が傍に寄ってきた。中田の右肩越しに机に手をつく。
「ふた~りで何の話してたか知らないけど、その態度。かわいくないなぁ。もっと喜べ」
 あなたに態度のことを言われたくない、と叫びたい衝動に駆られたが、それを押し殺して別の話題を振った。
「赤坂と塩見は、どうなったんですか?」
 中田の向かいとその左隣のデスクは無人だった。
 耳元で唾を飲み込む音がした。
 柊警部は吸いかけの煙草をまた口にくわえて、中田から視線をはずす。
 応えは頭上からあった。
「赤さんは重傷。キミの隣の病室だった。塩見クンは……死んだわ」
 初夏の眩しい日差しが射し込む中、最後の単語だけ、それだけが妙に生々しく響いた。

 それからの一週間、中田は転属にあたっての引継ぎと諸々の作業で休む間もない忙しさの中にあった。
その間に赤坂の見舞いにも行ったのだが、下半身不随を通達された本人がいたって元気そうに振舞っているのが痛々しく、かける言葉を失った。
また、塩見の葬儀には杏子と柊警部とで出向いたのだが、式後に彼の母親に人殺し呼ばわりされた杏子の横顔ばかりが彼の心に深く突き刺さった――。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ


この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水越香重子展
2007/03/01(Thu)
水越香重子展いってきました。
象徴的なオブジェやキャストを登場させ、フィクションとして「曖昧な領域」を作り出す新作を発表とか。
独特の空気感を持つ水越の映像作品に、フィクションという要素が加わることで、「曖昧な領域」をつくています。

入場無料で、場所は↓
資生堂ギャラリー
〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
Tel 03-3572-3901  Fax 03-3572-3951

3/9からの内海聖史展も楽しみ。幅9m強、天井高5m強の資生堂ギャラリーの壁面を目一杯使ったサイズの新作が見られるとか。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(__)mぺこ


この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。