2006 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今年も残り僅かですね
2006/12/30(Sat)
小説のほうも今年最後のUPです。
まずは二ヶ月間、おつきあいありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いいたしますm(__)mぺこ

それでは、よい年越しを(o^-')b

人気blogランキング

スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Virus 11
2006/12/30(Sat)
「中田クン」
 路地をひとつまがったところで杏子が立ち止まった。
「あたしは成田に向かう。キミはここであの塾を監視。いいわね?」
「わかりました」
 即答した中田に、杏子は先刻喫茶店で見せた写真を手渡した。
「彼が戻ったら一度連絡をよこしなさい。いい?感づかれないようにね」
 そう念をおすと、杏子はハイヒールを高らかに鳴らして雑踏の中を駆けていった。この人込みの中、ハイヒールで走れる人間はそうはいまい。半ば感心、半ば呆れながら中田はE.R.I.S.外国語学院のあったあたりを振り仰いだ。

 その様子をブラインドの隙間から女が覗いていた。
「あの人、こっちを見ている」
「プロトのこと、匂わせたからね。ん、あった」
 そう応える声の主はパソコンの画面を興味なさそうに、しかし表示された文字列は一字一句逃さないように眼を走らせている。
「女のほうが飯野杏子。警察庁監察部監理官か。うわ、見事な経歴」
「ふ~ん」
 ブラインドの女の声もさほど興味なさそうである。しかし、その受け応えが彼女の常であり、実際はその先を催促しているのがわかっているので、パソコンを操る女は説明を続けた。
「東京大学文科Ⅰ類、現役合格。留年なしの法学部卒業までに司法、外交官、国家公務員1種の各試験にパス。卒業後、警察庁に入って警部補から警部、警視へと昇進。ああ、途中で国際刑事警察機構(インターポール)に出向しているわ。任務達成率九五%。……なにこれ?キャリアらしくないわね」
 彼女がそう漏らすのも当然である。そもそもキャリア警察官とは、国家公務員Ⅰ種試験に合格して警察庁に採用されたエリートのことである。卒業後すぐに警部補となり、三ヶ月の研修と九ヶ月の見習いを経て警部。その後、二年強ほどで警視に昇進する。日本中の警察官の総数は約二二万。そのうちキャリアは五〇〇人に足らず。そういった極々僅かの超エリートが、警察を支配しているのだ。そんな彼らが実務につくことはまずない。専門的訓練を受けていないキャリアは、現場の捜査官にとっては迷惑な存在でしかなく、自分でもそれをわかっているのか、後ろで指示をとばすか派閥抗争をしているものである。それなのに任務達成率が評価され、その数字がここまで高いのであるから驚きもする。
「ちょっと。あまり高いレベルで覗かないでよ。セキュリティにひっかかるから」
「ドクター、あたしを信用してないの?大丈夫だって。次は男のほうね」
 ブラインドの傍から離れた女がコーヒーを二つのカップに注ぐ。そのうちネコのイラストがあるほうをパソコンの横に置いた。自分はゾウのマグカップだ。
 パソコンを前にしている女は、ネコのマグカップを両手で包むようにして持つと「ありがと」と言って満面の笑みを浮かべた。それこそ強面の悪役レスラーすらも破顔して抱きしめてしまいそうな笑みだった。

人気blogランキング
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Virus 10
2006/12/28(Thu)
 電話のけたたましい呼び出し音がなったのは、それから十五分程過ぎたあたりだった。
「はい。外国語学院のE.R.I.S.です」
 電話をとったのはつぐみだった。
「あ、一季クン?」
 その発せられた名前に、杏子は中田に目配せをする。
「うん。あ、お姉ちゃんにかわるね」
 はい、と受話器をキャシーに手渡すと、ててて、と杏子に近寄ってきた。
「一季クン、遅くなるんだって」
 拗ねた様子でポンッとソファーに跳び乗ると、つぐみは誰にともなく話しかけてきた。
「一季くんて、ここの偉い人?」
杏子は身を屈めて、自分の眼の高さをつぐみのそれの合わせる。
「え?ん~ん。違うよ。あたしの家来!イソーロー!ビンボー!」
 きゃはははは、とつぐみは足をばたつかせた。
 そこに電話を終えたキャシーが申しわけなさそうな顔で戻ってきた。
「大変失礼しました。塾長を迎えに行った子からだったんですが、渋滞にまきこまれたとかで、もうしばらくかかるみたいなんです」
 塾長を迎えに行った子というのが、一季であろう。塾長が帰ってくるまでしばらくかかるということは、つまりは一季も当分ここには現れないということだ。杏子はしばらく考えこむようにしてから、隣のショルダーバッグを手にして立ち上がった。
キャシーが事務手続きに関してわからなかったのは好都合と言えた。それを理由にこの場を離れられるからだ。二人とも成田での惨劇が気になって仕方ないのだ。
「それでは、また日を改めて伺わせていただきます」
 そう言った杏子に倣って中田も立ち上がった。
「中田クン、またね」
 手を振るつぐみに、ああ、と振り返してから、ふたりはその場を後にした。

人気blogランキング

この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
寒いですねーー><
2006/12/27(Wed)
今日(12/26)は一段と寒くなりましたね。
クリスマスがおわって、いっきに冬本番というとことでしょうか。
雨が指先から温もりを奪っていきました。
この冬初めて「手袋」がほしーと思いました。
いい機会なので、リニューアル(^-^)v
風邪の患者さんが多いです。
この雨の中を病院に通うのと、部屋で温かくしているのと、
どちらがよいのでしょうか。
我々医療人は訪れた患者さんに精一杯のことをしますが、
その時々の判断は、患者さんひとりひとりの意志です。
寂しいこと、ですがね。無理はなさらないでください。
まずは健康管理、ね(o^-')b
人気blogランキング

この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Xmas
2006/12/24(Sun)
今夜はXmasイヴということで。
はっしーは恋人と別れて久しいので、あま~い夜とは無縁じゃ★
朝から大掃除して、家の中ちょーーキレイにして、
今さら年賀状にとりかかって
(OSいれかえてたら、アドレス帳バックとってなかった><)、
さて、騒ぎにいきますかw
『ヒトリモノノ集ヒ』
朝までカラオケかな~~~。それもいいかw

聖夜がみんなにやさしくありますように☆
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「W-OAM」対応「RX420AL」
2006/12/23(Sat)
「W-OAM」対応「RX420AL」購入しました。
都内だよ速い速いw
それが実感できるってのがすごい、と思った。
ただ、地域格差が大きいみたいですね。
実家にかえったらどーなんでしょう^^;
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブログランキング
2006/12/23(Sat)
小説部門でBest100入りしました。
ありがとーゲストのみなさま!おめでとー自分。わいわいw
いまさらですが、人気のブログは記事ごとに
文末にランキングへのリンク張ってるんですね。
なるほど、ということで前回より真似してみました。

もうすぐ1000カウントです。
キリ版の方は、せっかくなので足跡残してくれたらうれしいです。
どーぞ、よろしく。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Virus 9
2006/12/21(Thu)
「いいじゃないですか。ビデオはいつでも見られます」
 キャシーはつぐみをあやして、隣の部屋に連れて行こうとしていた。ふたりの反応には気付いていないようだ。
 ふたりは再度画面を見入った。レポーターが興奮した面持ちで状況を早口にまくしたてているが、同僚の安否への不安からか、耳にはいっていてもよく聞き取れない。ただ、下のテロップだけはかろうじて読むことができた。
『成田にて爆弾テロ!?死傷者七三名。エルトリア皇太子意識不明』
――!
 中田は混乱した頭で携帯電話に手をのばした。赤坂でもいい。塩見でもいい。とにかく確認をとりたかった。
 が、その手を杏子の冷たい手が押さえ、小さく首を振るのだ。今はまずい――そう、彼女の眼が言っている。
「あらあら。テロですか~?日本も怖いですね」
 いつの間にか盆に湯呑みをのせたキャシーが背後に立っていた。
 どうぞ、と言ってお茶を差しだすのを軽く頭を下げて受け取ると、中田は一気にあおった。
「熱っ」
 舌を火傷してしまった。
 慌ててキャシーは氷を取りに行き、杏子は哀れむよう眼で眺めやった。
 しかし、それが中田の心を落ち着かせた。
 中田が口の中で氷を転がしている間、キャシーから一通り説明をうけると、パンフレットに眼をやりつつ質問を始めた。当然、カリキュラムに関することがほとんどで、織倉一季に関する事は全く触れていない。エルトリアからの依頼は確かに彼の護衛であるが、同時に上層部から受けた命令はその彼の調査であり、このふたつを両立させるには、任務と警察官ということは伏せて近づいたほうが都合がよろしかろうとふたりは考えた。今日のところは、織倉一季という人間にどんなかたちにせよ接触さえできればよいのだ。

人気blogランキング
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
CHANEL
2006/12/16(Sat)
ども。熱で身体が壊れたはっしーです。
さすがに4日も休んでられないので、無理して職場復帰。
職場付近は、ブランドのショップが軒を連ねているのですが、
夜帰る道中見てしまいました↓コレ


いえ、CHANELのショウウインドゥなんですけどね。
これ、、、、、かわいいの?^^;
パンダだか、ペコちゃんだか、LEGOの人形だかわかりませんが、、、
まーー目はひきますが、ね。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Virus 8
2006/12/15(Fri)
 階段を登って、とりあえず中田はほっとした。アルタ前を見下ろす形の開放型のホールに女性の大群がいなかったからである。
 右手にテナントがふたつ。歯科とギャラリー。その少し奥まったところにその外国語教室はあった。
 木枠のドアの上半分には磨りガラスが入っていて、そこに金の洒落た字体でロゴとオフィス名があった。
曰く、E.R.I.S.外国語学院。
ドアの横の大きな窓にはブラインドがかかっていて、中の様子は見えないに等しい。かろうじて、ドアの磨りガラスに観葉植物の影が薄い緑に映っているだけである。
「ここ、ですか?」
 中田は杏子に確認をとった。
「みたいね。資料がニセモノじゃなければだけど。住み込みのバイトらしいわ」
 ドアを押すと、カランカランと軽やかなベルの音がした。
「いらっしゃいませぇ」
 テレビアニメを見ていた女の子がこちらに気がついて、ソファーから降り、てててて、と駆け寄ってきた。
「つぐみさん、どなたですか?」
 奥の部屋からだろうか、ずいぶんと間延びした女性の声がする。
 それに女の子が甲高い声をさらに張り上げて応えた。
「おじちゃんとねぇ、おばちゃーん。知らない人ぉ!」
 中田には横目でも上司の肩が痙攣しているのがわかった。
「それじゃわからないです。今、行きます」
 ドアから現れたのは、茶髪というより赤毛の、目鼻立ちのはっきりとした女性だった。
日本人でないことは一目瞭然である。その女性に憐れにも杏子の殺気が集中する。子供相手に怒鳴るわけにも行かず、その保護者に八つ当たりといったところか。しかし、当の彼女はその殺気に気付きもしない風だ。
「失礼しました。ご入会のかたですか?」
「ええと、ルロイさん?」
 上司にかわって中田が応えた。ルロイとは書類にあった、この外国語教室の所有者の名前だ。
「いいえ。あいにくと、塾長は席をはずしておりまして。ああ、私はジュニアの英語を担当しているキャサリン=マクドガル。キャシーでいいです」
「飯野杏子です。こっちは部下。今度輸出入のセクションに配属になりまして。こちらでは英語の他に、ロシア語、イタリア語なども教えていただけると伺ったのですが」
 差し出された右手に痙攣状態から脱した杏子が力強く応じる。色白の杏子の手の甲に青筋が浮いている。全く大人気ない、と部下は思ってしまう。
 と、眼線を戻した中田とキャシーの眼があった。
「そちらのダンディさんのお名前、聞かせていただけますか?」
「え?あ、中田です。中田義仁」
どぎまぎしながら中田は応えた。若い娘も苦手だが、自分が女であることを無意識あるいは意識的に主張する女性も、やはり苦手なのである。
 そんな受け応えにクスリと微笑って、キャシーは杏子に向き直った。
「先ほど申しましたとおり塾長は外出していまして。あと一時間ほどで戻るとは思うんですけど。実を申しますと、ご入会の手続きとか、料金プランとかは私ではわからないもので。それでもさしつかえなければ他のご説明だけでもいたしますが?」
 杏子は少し思案してから口を開いた。
「では、お願いします」
 織倉一季の警護はどうするのか、と思いもしたが、中田は杏子に従うことにした。
「こちらにお掛けになってお待ちください」
 キャシーは部屋の真ん中に設えてあるソファーに腰掛けるよう二人に促すと、自分は事務所らしい奥の一室に入り、一、二分ほどで数枚の色とりどりの印刷物を片手に戻ってきた。
「まずはこちらをご覧ください」
 ふたりの前に並べられた紙には、大きなロゴで『E.R.I.S.外国語学院』と書かれてあった。その下にEnglish、Russian、Italian、Spanishとある。
「つぐみさん、すみませんが」
 キャシーはテーブルの上にあったリモコンのひとつを操作した。下のビデオデッキが止まる音と同時に、映像が切り替わる。
「あ~~~!!」
 大声の抗議はつぐみだった。
 しかし、中田も杏子も違った理由で声をあげた。
 切り替わった映像。レポーターの背後に見えるのは、崩れたホールと、その向こうに止まっているジャンボジェット機の尾翼――成田だった。
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
PC中身いじりました。
2006/12/13(Wed)
世の中Vista対応をうたってるPCが出回ってますね。
先日自分も真似て、Core2DuoとかいうCPUのせて、
中身をアップグレードしました。
しかし、買ったFANがうるさく前のFANにしたら温度80℃ちかくに!?
やばーーー!!

それはそうと、自分も熱が38℃。。。やばいっす。のども痛い。
みなさんは風邪をひかないようにねb
風邪ひいてしまった人はクリスマスまでには治しませう。
この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
人気blogランキング
2006/12/10(Sun)
このブログはこっそり人気ブログランキングに登録してあるのですが、
おかげさまで開設より1月で小説部門130位となりました。
いえ、そんなにたいしたことではないんでしょうが、
少し気になることありまして、
「週間in50 週間Out880」
なんなんだろ、このinとOutの差は^^;
よくシステムわかってない人なんで、
この数字分析できる方、教えてくださいm(_ _)m
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Virus 7
2006/12/07(Thu)
赤坂と塩見が空港のロビーに入ったのは、ちょうどエルトリア皇太子の一団がウォークウェイを出でてきたところだった。
 記者団のフラッシュの中、シークレットサービスのチーフが歩を進め、皇太子の前で一礼する。これから先の警護は日本警察に委託される。と言っても、皇太子の傍には自国の護衛も数人、ぴったりとくっついてはいるのだが。
 その様子を階上のバルコニーからじっと見つめる男がいた。その男の眼は、護衛のひとりがダストボックスになにかを捨てたのを捉えていた。そのことに彼以外、誰も気が付いた様子がない。男は口の端を歪めた。
 彼は薄手のコートから、二つ折りの新聞紙を取り出した。その新聞紙から僅かにのぞく銃口の先にある護衛を捕らえる。
 と、その護衛が男のほうに視線をよこしたと思うと、素早く動いた。
――気付かれた!?
 男は慌ててトリガーをひく。
 しかし、やはり弾は大きくそれて、一瞬遅れで、傍にいた別の護衛が崩れ落ちた。
 ロビーでは、すかさず赤坂が皇太子の傍に駆け寄り、塩見は護衛の倒れた位置から狙撃犯を探ろうと視線を走らせた。その眼が階上で背を向けて離れていくトレンチコートを見出す。
「あれだ!」
 塩見は駆け出し、その後を何人かが追う。彼の眼の前にも、同じように犯人らしきトレントコートを追いかける護衛の姿があった。
 その護衛と塩見の数歩分の距離が運命を分けた。
 オレンジ色の爆光。
 それが皇太子の後ろから走り抜けて、周囲の者たちをまき込んで吹き飛ばした
 時間にして五秒ほどであろうか、爆発はすぐに収まった。
 赤坂はおそるおそる眼を開けた。自分の手が見える。その向こうに塩見やシークレットサービスが倒れているのが確かめられた。周りからは炎があがっている。熱い。
「塩見っ」
 上体を起こそうとしたが動かない。必死になって頭をめぐらせて理由がわかった。彼の両足は無残にも瓦礫の下敷きになっていた。
「ああ……」
 絶望的な呻きと共に、彼は意識を失った。
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
たきこみご飯作ってみますた(^-^)v
2006/12/06(Wed)
めずらしく、夜に料理してみますた。
あまり得意ではないので、4人分のレシピのままつくってみましたので、これから3食おなじメニューですな。
職場の仲間におすそ分けしますかね~~。

しかし最近のお釜の性能はいいね。
簡単にたきこみご飯つくれますねぃ。
かなり、うまーーーーっ!でしたimg030.jpg

この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
Virus 6
2006/12/03(Sun)
 ウェイトレスが「お待たせしましたァ」と溌剌とした声で運んできた名も知らぬパスタは少々塩辛く、正直、中田の口にはあわなかったが、食後にだされたモカとキリマンのブレンドは彼の好みにあっていて、気分を浮上させた。
 それを見計らって、やはり食後の、こちらはアールグレイをストレートで楽しんでいた杏子が、脇に片付けていた資料をテーブルの真ん中に持ってきた。
「私の知っている範囲で、見分けるのに有用な情報はひとつ。皇太子の瞳は左右で色が違っているということ。左が青というより緑に近い。そして、写真の君は……」
 すっと、一季を写したという写真を人差し指と中指でつまむと、中田の眼の高さで反した。
「青い……!?」
 しかし、上半身を写したそれでは、判別するには小さすぎた。
「残念ながら鑑識でもはっきりとはわからないって。小さい写真だし、青と緑じゃね。でも、この顔で瞳の特徴まで一緒、なんていうそっくりさんもいないでしょうし、直に会えばわかるわよ」
 確かに、ケチのつけられない美貌、とでもいうのであろうか。ともすると、できすぎた人形のようにも見えるこの顔がこの世に2つもあることだけでも驚きなのだ。特徴的な瞳まで同じということはなかろう。いや、ひとつだけそっくり同じである可能性がある
 中田は書類のページを繰った。
 そこには、孤児とあった。
「双子ってことはありませんか?」
 歴史を見ても、王族に双子の子が生まれると、片方を教会などに預けるといった例は数多くある。時代によって、悪魔の子であるからとか様々な理由を着せたが、結局は跡目争いの回避が主な目的であったようだ。エルトリアは、東欧でもカトリックの風習が色濃く残っており、しかも現在をして帝政を布いている。先の影武者説よりは信憑性が高いように思われた。
「それも含めて、直に会えばわかるわよ」
 杏子もそれは考えていたようだ。
「それで、この住所だと……?」
中田が資料にある住所を問うと、ふふん、と含みのある表情で中田の顔を覗き込む。
「もちろん、わかっているわよ」
 言って、天井を指さす。
「ここの、二階」
 彼女のやることに抜かりはなかった。何も中田の醜態を楽しむだけが目的ではなかったのだ。当たり前のことだけに、中田は自分の浅慮を恥じた。
「すみません、警視。貴女を、思い違いしていました」
 中田がそう頭を下げると、杏子はショルダーバッグに資料を片付けながら「別に」とだけ言った。『別に』の後、何と続けるつもりだったかは中田にはわからない。それでも、そう言った彼女の表情が微笑んでいたのが、彼の心を軽くした。
「そろそろ、ね。行くわよ」
 杏子がバッグを手に立ち上がる。
 中田もそれに続く。
 時間は一一時三十分をまわったところだった。
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
12月ですね
2006/12/02(Sat)
ブログたてて1月。
街中は色とりどりのイルミネーションが灯りはじめました。
ブログの外観もそれらしく変更してみました。
BGMはaonoheyaさんのツールで設置してみました。
少しは、らしくなったかな。
師も走る12月。
忙しい日々でしょうが、今年最後の月が幸せにすぎますことを(o^-')b
この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
Virus 5
2006/12/02(Sat)
話題の一季は、そんなことになっているとも知らずに、空港のパーキングエリアに車を駐めていた。運転免許を取って一年足らずではあるが、毎日乗り回しているかいもあってか、バックでの駐車をスムーズに一回でこなした。
外の空気はまだ肌寒いものが残っているものの、それでも春の陽気とあいまって、快適と言えるものだった。これが、もう一ヶ月もすると、梅雨のまとわりつくような生暖かさとなる。雨は嫌いではなかったが、あのじとっとした重い空気は好きにはなれなかった。だから、今日のような春のすがすがしさが、とても快い。
「到着は一一時三五分だっけ。まだ少しあるな」
 一季は腕時計で時間を確認してから、空港に向かって歩き出す。その頭上を太陽をさえぎるようにジャンボジェットのシルエットが過ぎ去っていった。

「警察の方ですか?」
 雑踏の中から、そんな声が耳に入った。
 見ると、空港の係員らしき人物に、二人の背広の男が手帳を見せているのが遠目でもわかった。あのような所作をする職業を、一季は警察官ぐらいしか知らない。
――何かあったのかな?
 数瞬ほど思考を巡らせると、すぐに答えにいきあたった。
――そういや、エルトリアの皇太子が日本に来るとか朝刊に載ってたな。
 エルトリアが東欧の小国ということは一季も知っていた。今、上野にある国立美術館で『エルトリアの秘宝展』なるものが催されており、バイト先の娘さんから連れて行けとせがまれていたからだ。聞くところによると、彼女の故郷であるらしく、その父親である塾長も今回、祖国で急用のためにエルトリアに帰っていた。
 その皇太子様とやらを見ておくのもよいかも、と思わなくともなかったが、塾長との待ち合わせが、一階のエントランスであったので、一季は三人の男がエスカレータで上に行くのを目で追うに留めた。
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。