2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Virus 126
2009/04/14(Tue)
 シェリーからその連絡を受けたのは、昼食に何を食べようか、そんなことを悩んでいる時だった。
ディスプレイに映るシェリーは、さも不本意という感がありありだ。
『なんで、あんな素人を……』
「その素人を巻き込んだのは、あなたの国でしょう?」
 杏子は手に持ったMOにキスするふりをする。
――Test Program of Dragoon。そんなものが入っていたらしいMOだ。今は中身が空っぽの、エルトリアのエージェントがもたらしたMOは、今、CIAの局員を脅すネタとなっていた。
「あっちこっち覗き見していたツケね」
 エシュロンというものがある。そういう都市伝説がある。冷戦時、軍事目的で構築された通信傍受システムのことだ。
現代でもCIAには盗聴専門の部署があり、そこでは三六五日、二十四時間、世界中の通信回線――電話、ファックスから無線、メール、データ通信にいたるまで――を盗聴し、『テロ』や『爆弾』といった穏やかならざる単語を記録しているというのだ。
三ヶ月前の成田での爆弾テロを皮切りに、アメリカはエルトリアへの監視を強めた。それから間もなく内乱が勃発。世界の警察を自称する国としては見過ごせず、いつでも介入ができるよう準備を始めた。その矢先、エシュロンが拾って来たフレーズがTest Program of Dragoonと、Dウイルス感染から増殖プロセスの人工生命によるシミュレート。
エルトリア皇立研究所で行われたとされるシミュレーションは、CIA首脳陣の興味をひいた。彼らはその人工生命をコピーしようと日本のサーバーを経由して、研究所にハッキングをしかけたが、研究所のファイアーウォールを破った瞬間、目的のファイルをロストしてしまった。先日、国土管理室でMOの中身が消えてしまったように。そして、その先日に大規模停電が首都圏で起こった。
「つまり、トリガーだったんです」
MOの中身について、天崎はそう結論づけた。疑似Dが何の目的でつくられた人工生命なのかはわからない。しかし、一定のメモリ空間に置いて『他』を浸食して自己を増殖するプログラムであることはわかっている。そのメモリ空間を作っていた壁が、外部からの手で外されたため、増殖するための空間は無限大に等しくなったのだ。その広大な空間でTest Program of Dragoonという活性化プログラムが流れれば、疑似Dは文字通り『他』を浸食しはじめ、今回のようなサイバーテロのような様相を呈してしまったということだ。
杏子はインタポールのツテで、そこまではわかった。それをネタにして、CIAにエルトリアに飛んだ二人の保護を要請した。内々に事を鎮めたかったアメリカは取引に応じ、現地に別任務で赴いていたシェリーというエージェントが操作の援助という形でふたりに就くことになったわけだ。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
スポンサーサイト
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Virus 125
2009/03/23(Mon)
 宿というより、日本では民宿、もしくは間借り。そう言ったほうが適切かもしれない。早くに旦那を失った女将が、片手間ではじめたものらしい。聞きもしないのに女将が語ってくれた。バスルーム、トイレはもちろん共用だ。
 二階の突き当たり、右側が中田と宮崎の部屋。その隣がシェリーの部屋だった。
「用があったら、壁をノックしなさい」
 そう言い残して去ったシェリーを見送った後、室内を見渡した。十畳ほどの部屋に、使い古した感の寝台が二つにクローゼット。それとサイドテーブルがひとつに、化粧台で一杯一杯だった。昔は夫婦の部屋だったのかもしれない。
「部屋、別々のほうがよくないですか?」
 中田が、至極真面目に訊く。
「ツインだし、私はかまわないです」
 宮崎はそう言って、窓際のベッドに腰を下ろした。
「贅沢、言えないですよ」
 平時であれば、アッパータウンのホテルで寝泊まりができたのかもしれない。しかし、今の自分たちはワケアリなのだ。
 その応えに頷いて、中田も部屋に入る。宮崎のスーツケースを化粧台の脇に置いて、自分も空いているベッドに腰掛けた。
 宮崎の背後の出窓からさす夕方の日差しの中にほこりが見て取れる。
 贅沢は言えない。この部屋が当面の拠点なのだ。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
Virus 124
2009/03/15(Sun)
 どんなことを聞いていたのかは窺い知れないが、彼女の言う事を信じれば、まだ国土調査室の面々は身動きが取れる状態を確保している、ということだ。シェリーを完全に信じたわけではない。信じた訳ではないが、信じたい部分が大きすぎた。言葉の通じない国に来て、心細かったのもあるのかもしれない。ふたりの表情を見てシェリーは、
「良くも悪くも、日本人ね」
 そう評した。そして、ふたりの鼻先に指を突きつける。
「まず疑いなさい。周囲は無関心ではない。みんなあなたを狙っている。引ったくり、詐欺、拉致。思惑は人それぞれだけど、あなたたちみたいな、呑気な日本人はいいカモだということを覚えておきなさい」

 CIAとの合同調査といっても、名目上のことで、シェリーには調査内容は知らされておらず、実際は日本警察から逃亡中などとは夢にも思っていないようだ。シェリーはシェリーで、当然、別件の調査で赴任しているわけで、その合間で中田たちを案内する程度の依頼らしい。
 シェリーが案内してくれた宿は、帝都の外郭寄り、つまりダウンタウンに位置した。
 彼女の説明では、さらに内壁の中がアッパータウンで、官庁などもあるという。
 ドアを開けようとした途端、「あ、シェリー」「お帰り!」と甲高い声が弾け、その奥の古びた家具の向こうから四十代と思われる女性が顔を覗かせた。
 しがみつく子供たちを、引きつった笑みで引きはがしつつ、「お客をつれてきた」と英語でシェリーは中田たちを紹介した。
「いらっしゃい」
 同じく英語で返した女性がどうやらここの女将であるらしく、相好を崩してエプロンで手をぬぐった。


←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Virus 123
2009/03/02(Mon)
 連れて来られたのは世界的なコーヒースタンド。席を確保すると「カプチーノでいいわね?」と一応確認をとってから、ブロンドの女性は中田たちを残して、注文をしに行ってしまった。宮崎のスーツケースも一緒だ。
「いいんですか?」
 宮崎は小声で中田を突つく。
「いいわけはないんですが……」
 なんというか、場の主導権をかっさらわれて、そのままズルズルといったところだ。おまけに自分たちは調査の名目でも逃亡の身である。
「逃げないのね?」
 声に振り返ると、ブロンドの女性がトレーを手に戻ってきていた。
「そんなに、このスーツケースが大事?」
 そう言って、宮崎の席の横にスーツケースを押しやる。
「えっと、わりと……?返してくれるんですか?」
ブロンドの女性は呆れたように肩を竦め、首を横に振った。
「私には、ブタさん似合わないもの。残念だけど」
 全然残念そうには見えなかったが――。
 女性はシェリーと名乗った。CIAの局員の証明も見せてもらったが、ふたりには本物かどうかわからない。
 CIA――Central Intelligence Agency、米国中央情報局は、一九四七年、国家安全保障法により設置された大統領直属の機関である。国家安全保障会議に必要な情報を提供することを主任務とし、他国の国家秘密の探索や情報収集、政治工作、反米的団体の監視などを行っている。一九九一年のソビエト社会主義共和国連邦の解体により冷戦は終結したが、今も尚、各国にエージェントが潜りこんでいるという。
彼女はそのエージェントのひとりで、一時間ほど前に、日本の国土調査室から共同調査の依頼があったから迎えに来た、ということだ。
「キョーコから、ふたりのことは聞いているわ」
 シェリーは急にニヤニヤした薄気味悪いほどの笑いを浮かべた

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Virus 122
2009/02/16(Mon)
「重要ですよ。日本語、通じない国に来たんですよ?もう、不安で不安で」
確かに、事が急に運びすぎて、中田は失念していた。なるほど、確かに、と頷いている間に、宮崎は売春強要だとか人身売買がどうの、だとか物騒な単語を並べて、最後に
「英語なら、そこそこ使えるかもしれません」
と、締めた。
「かも?」
「英検ならニ級もっています」
 ちなみに、中田は三級であった。受けたのは中学三年のとき。内申書の評価上げのためにとった覚えがある。ニ級だと高校卒業レベルであったはずだ。
 しかし、エルトリアの公用語は、英語だったであろうか。
「はろー」
 とりあえず、宮崎が笑いかけた。思いっきり引きつっている。
 で、相手の白人女性は、脱力したように肩を落とし、眉間をつまむようにした。中田でもわかるジェスチャーだ。
「日本語でけっこうよ」
 言外に私の日本語のほうが通じる、と言っている。
「まい、ねーむ、いず、ケイ……、え?」
 気張っていた宮崎の眼が点になった。それから、すごく安堵した表情をつくる。何年ぶりに英語をしゃべったのだろう、と中田は盗み見た。
「ちょっと来なさい」
 白人女性は背後のコーヒースタンドを顎で指すと、宮崎の手からスーツケースをもぎ取ってスタスタと歩き出した。その後ろ姿は、中田でも格好いいと素直に賞賛するくらい様になっていた。左手で引いているスーツケースの、妙にでかい水着を来たブタさんマスコットが違和感大(だい)だが。

←人気blogランキングへの投票お願いしますm(_ _)mぺこ
←FC2 Rankingへの投票もできればお願いしますm(_ _)mぺこ
この記事のURL | 連載小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。